トップページ>合格体験紀
無料体験レッスンお子様の声速読


      2022年度入試 合格校

      私立  追手門大手前高校(スーパー)
          好文学園女子(進)
          履正社(T類)
          桃山学院(国際)


       公立 桜塚

    

      国公立 京都大学(工)
      私立  上智大学(外国語)
          芝浦工業大学
          千葉工業大学
          大手前大学(国際看護)
          花園大学(文)
          梅花大学(文)



      私立  追手門学院大手前(特)
          百合学院
 
講師紹介

合格という結果を導いた育優塾の学習とは? 先輩の例を参考に、お子様が自信を持っていただけるように、小さな成功体験を積み重ねていこう。自分の力で自分の可能性を広げていけるよう!




合格体験記インタビュー 2022春

T君:公立:桜塚高校 私立:追手門学院大手前 (スーパー)
S君:追手門学院大手前(特)
Aさん:京都大学(工)

Q:育優塾に入るまでどのような生徒でしたか?

T君:まったく勉強しない
S君:ゲームばかりしていた
Aさん:人見知りが激しく内気だった

Q:受験する学校を決めたきっかけは?

T君:友達との話の中で決めた
S君:受験に興味があった
Aさん:自分の興味に沿っていたこと

Q:受験に向けてがんばろう!と思えたきっかけはありますか?

T君:公立に関しては、家から遠いので、絶対に公立に行きたい、と思った。
S君:みんなが応援してくれた。
Aさん:高2の10月の模試を受けたときに、いよいよ受験生だ、という実感があった。

Q:受験勉強をする中で一番大変だった思い出などはありますか?

T君:遊びたいという気持ちとストレス
S君:勉強を頑張り続けること
Aさん:行きたい大学だから特になし。

Q:自分が頑張れた勉強のコツはありますか?

T君:甘いものを食べる!
S君:育優塾の中で不合格の受験生になりたくなかった。
Aさん:やる気がない時は、思い切って少し休憩すること。無理に勉強するよりリラックスするほうが良い。

Q:くじけそうなときに励みになったものはありますか?

T君:特にないかな
S君:長風呂
Aさん:好きな本の名言

Q:合格して一番伝えたいことは?

T君:とりあえずよかった。
S君:めっちゃうれしい!
Aさん:私のわがままを聞いてくれた両親や先生に感謝したい。

Q:これから受験生になる人へメッセージ

T君:最後までがんばる。これでいける!!
S君:勉強が嫌いでもやればできる!
Aさん:多くの教科を勉強しておくと、いざという時に選択肢が広がるので、早い段階で受験科目を決めすぎないほうが良いかと思う。頑張ってください!